2007年05月23日

ワクチンの恐怖・・・・

昨日、とてもとても恐ろしいことが起きてしまいました。

昨日は、午前中、ゆきちゃんの5種混合ワクチンの注射をしてもらいに、
バスで、いつもの動物病院に行ってきました。

ゆきちゃんは、「いつも元気に健康体るんるん」なので、
体調が悪くて、動物病院に行ったことは無い子です。
なので、昨年、フィラリア予防薬をもらいに行ったっきり、
動物病院には行っていませんでした。

と言うわけで、
ゆきちゃんってば、去年は病院に行くたびに震えていたのに、
すっかり「ここは病院」ってことを忘れちゃったらしく、
元気に、他の飼い主さんやワンちゃんに愛想振りまいてました。
でも、さすがのゆきちゃんも、診察台に載ったときには、思い出したようで、震えていたけどね。

そして、身体検査もOKだったので、5種混合ワクチンをうち、
バスでお家に帰りました。

時は12時半過ぎ・・・・
家に入るなり、様子がおかしいゆきちゃん。
ワクチンをうってから、ちょうど1時間だったので、
「ワクチンのせいでだるいのかな?」と思ってたら、
歩き方が、ふらふらしているんです。
で、「え!」っと思っているうちに、足が立たなくなり、
手足が引きつり、痙攣・・・・
抱きかかえたら、すぐ治って、また元気になったのに、
数分後、おひざの上で再度ひきつけを起こしてしまいました。
目の焦点が合ってない・・・・
もう、わけが分からなくなった私は、
「ゆっきー!!!」と叫び・・・・
あとは、どうしたのか良く分からないまま、
獣医さんに電話して、症状を話し、
タクシーを呼んで、病院に駆け込みました。

タクシーを待っている間の10分間・・・・
病院に着くまでの10分間・・・・
「またひきつけを起こしたらどうしよう」
「ゆきちゃん、死んじゃうの・・・・」と、
恐ろしい想像がふくらみ、泣きそうでした。

病院までのタクシーの中では、
震えも止まり、
運転手の女性の声に、
ゆきちゃん「ん???」と首を向けるぐらいには、
落ち着いてきましたが・・・・

病院に着いたら、ちゃんとすぐに獣医さんが対応してくださり、
診察台の上では、弱々しくだけど、歩いていたゆきちゃん。
「ワクチンに対してのアレルギーの可能性が考えられます。
今は、とりあえず落ち着いたみたいですね。
今は、血圧心拍等異常無いです。
でも、口の粘膜(歯茎)がまだ白いので、
心配だから、1、2時間ぐらい預からせてください」
とのことで、ゆきちゃんを獣医さんにお願いして、
2時間経つまで、近所の大き目のスーパーで時間をつぶしていました。

それにしても、獣医さんに預けている間だって、
「心ここにあらず」で、何も手につかなかったです。
今思うと、お店の人に「不審者」に見られたんじゃないかと 顔(なに〜)
本当、2時間経つまで長かったこと・・・・
同じ2時間待つなら、ちょっとでもゆきちゃんの近くで、
病院の待合室で待っていたかったです。

2時間後・・・・4時過ぎ、
ゆきちゃんは、いつもの元気なおめめで登場exclamation×2
本当、ほっとしましたわーい(嬉しい顔)
預かってもらっている間に、3回も吐いたそうで、
ワクチンアレルギーの子用の注射をされたそうです。
そうしたら、元気復活犬グッド(上向き矢印)
あの事態は、悪夢だったのか?と思うぐらい、
目がランランしてました目

そして、無事タクシーで帰宅。
6時のゆきちゃん夕飯タイムには、
いつものように元気いっぱいに、ご飯をねだり、
いつものように、あっと言う間に完食。
旦那様が帰ってきたら、いつものように大喜び黒ハート
もちろん、いつものようにぐっすり眠り、
朝も、元気に起きて、たくさん食べ、
今は、私のお膝でお昼寝中・・・・
何事も無かったかのように、元気になったゆきちゃん揺れるハート

本当に、良かった・・・・

でも、3年後、また混合ワクチンをうつ日が怖いです。
(今度はうつ前に、しっかり体調管理して、
アレルギー対策の注射をうつそうですが)
病気を防ぐための注射で、かえって、体調が悪くなるなんて・・・・
はぁ。

今回初めて知ったのですが、
マルチーズと言う犬種は、生ワクチンが入っているものに、
アレルギーを起こす例が多いそうです。
ですので、マルチーズの飼っている方はもちろん、
他の犬種を飼っている方も、
去年ワクチンをうった時には、なんでもなかった子でも、
注射をうってから、数時間は、どうかどうか、気をつけて愛犬をみてあげてください。

幸い、今回ゆきちゃんは、大事に至らず、無事に回復したけど、
もしも、ひきつけを起こした時、私がそばにいなかったら・・・・
と思うと、ぞっとします。

今、気持ち良さそうに、お膝でまどろんでいる、
大切な大切なゆきちゃんの寝顔を見ながら、
「ゆきちゃんがそばにいてくれる幸せ」を実感してます。

それから、お昼休み中だというのに、ゆきちゃんを診て下さった獣医さん。
本当にありがとうございました。

ああ!とっても長くなっちゃった(笑)
最後まで読んでくれてありがとうexclamation

ニックネーム まゆまゆ at 13:29| Comment(3) | TrackBack(0) | ゆきちゃんスマイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お久しぶりです

ゆきちゃん大変でしたね
つい昨日お散歩友達のわんちゃんが
狂犬病の注射で体調崩したって聞いたばかりだったのでびっくりしちゃいました

でもすぐよくなってよかったねぇ
(´▽`) ホッ

ところで次のワクチンは3年後でいいんですか?
うちのほうは毎年受けさせられます
場所によって違うんですねぇ

そうそうkururuのサークルメンバーが
だいぶ増えましたよ
お暇なときのぞいてみてくださいね
Posted by いのま at 2007年05月23日 16:21
おかげさまで、元気いっぱいに復活したゆきちゃん。
cururuのほう、全然遊びに行ってなくてすみません。
近々見に行きますね!
次のワクチンの話ですが、
今、獣医さんの世界で「ワクチンの効果と副作用とを考えたら、3年ごとで良いのでは?」と言う考えに変わってきているんだそうです。
なので、ゆきちゃんの動物病院では、3年に一度をお勧めしているそうなんです。
もちろん、希望があれば、1年でもうってくれるそうです。
(ドッグカフェやドッグランによっては、1年以内にワクチンをうっていないと、入れないしねぇ)
まあ、病院によっても、考え方が違うのかも・・・・
Posted by まゆまゆ at 2007年05月23日 18:10
まゆまゆさんへ。はじめまして。生後7ヶ月の女の子のマルチーズを飼っているアンジュのママです。
ゆきちゃん、ワクチン大変でしたね。でも元気になったと分かって他人事とは思えない気持ちでブログを拝見させて頂いてました(^0^;)アンジュも初めてのワクチン接種からすでにワクチンアレルギーでお顔が腫れるの経験しています。自分がどうにかなってしまいそうな位心配で仕方なかったのでお気持ちよく伝わってきました〜。最近まだ子供なのにボディーの皮膚の色は薄いピンクなのですが、頭やお耳の皮膚の色が濃い(色素沈着な感じの色)なんです。病院にいって塗り薬を先日処方して貰ったのですが完治するのをただただ祈るばかりの毎日で・・・関西で皮膚に強い獣医さんご存知ないでしょうか?また何か同じ様な症状をされたマルチーズちゃんをご存知ではないですか?
Posted by アンジュのママ at 2007年05月29日 10:49
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/852300
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック